▶vol.401【お役立ち情報】小規模事業者持続化補助金<コロナ特別対策型>について

2020年05月21日

(毎週木曜日配信)財務編
銀行融資プランナー協会 財務アドバイザー
社会保険労務士 今西章


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 …コロナ対策に取り組む小規模事業者
  の方はご検討ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

この補助金は、新型コロナウイルス感染症
が事業環境に与える影響を乗り越えるため
に、「サプライチェーンの毀損への対応」、
「非対面型ビジネスモデルへの転換」、
「テレワーク環境の整備」に取り組む小規
模事業者等が、地域の商工会、商工会議所の助言を受けて経営計画を作成し、その計画に沿って地道な販
路開拓等に取り組む場合に費用の一部を補助してくれるものです。公募締切日は令和2年6月5日ですが、それ以降も複数回の締切日が設けられる予定です。

概要を確認しておきましょう。

■補助対象者
小規模事業者である株式会社、合名会社、合資会社、合同会社、特例有限会社、企業組合、協業組合、個人事業主等が対象です。
※商工会、商工会議所の会員でなくても応募は可能です。
○常時使用する従業員数が5人以下の卸・小売業、サービス業(宿泊業・娯楽業は対象外です。)
○常時使用する従業員数が20人以下の製造業その他
※常時使用する従業員数には、パートタイムは含まれません。

■補助対象要件
補助対象経費の6分の1以上が、以下のいずれかの要件に合致する投資であることが主な対象要件となります。
(1)サプライチェーンの毀損への対応
顧客への製品供給を継続するために必要な設備投資や製品開発を行うこと。

(2)非対面型ビジネスモデルへの転換
非対面・遠隔でサービス提供するためのビジネスモデルへ転換するための設備・システム投資を行うこと。

(3)テレワーク環境の整備
従業員がテレワークを実践できるような環境を整備すること。

■対象事業
販路開拓等のための次のような取組が対象事業となります。
・新商品を陳列するための棚の購入、店舗改装
・新たな販促用チラシの作成、販促品の調達、配布
・ネット販売システムの構築
・新商品の開発、商品パッケージ(包装)のデザイン改良

■補助対象経費
補助対象事業に係る次の経費が対象となります。
・機械装置等費、広報費、展示会等出展費、旅費、開発費
・資料購入費、雑役務費、借料、専門家謝金、専門家旅費
・設備処分費、委託費、外注費

■補助金額
補助対象経費の2/3以内で上限額は100万円です。

■その他
令和元年度補正予算による小規模事業者持続化補助金<一般型>とは、制度等に一部異なる点があります。
詳しくはそれぞれの事務局のホームページおよび公募要領をご確認ください。

◇事務局(商工会地区分:全国商工会連合会)ホームページ
http://www.shokokai.or.jp/jizokuka_t/

・公募要領
http://www.shokokai.or.jp/jizokuka_t/doc/公募要領(コロナ特別対応型).pdf

◇事務局(商工会議所地区分:日本商工会議所)ホームページ
https://r2.jizokukahojokin.info/corona/

・公募要領
https://r2.jizokukahojokin.info/corona/files/6715/8831/1871/koubo_r2c.pdf

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

今西章(社労士 銀行融資プランナー協会 財務アドバイザー)


本メルマガへのご意見・ご感想・ご質問など、お問合せはこちらまで>>

このページの先頭へ