▶vol.387【お役立ち情報】ものづくり補助金について

2020年02月13日

(毎週木曜日配信)財務編
銀行融資プランナー協会 財務アドバイザー
社会保険労務士 今西章


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 …ものづくり補助金の活用をお考えの方
  はご準備ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

令和元年度補正予算によるものづくり補助金
(ものづくり・商業・サービス生産性向上促
進事業)の準備が進められています。
この補助金は、中小企業等が革新的サービス
開発・試作品開発・生産プロセスの改善を行
う場合に設備投資等の経費の一部を補助してくれるものです。

概要をみておきましょう。

■ 補助対象者
以下の要件を満たす3~5年の事業計画を策定し、従業員に表明している中小企業・小規模事業者等が対象となります。
(1)事業計画期間において、給与支給総額を年率平均1.5%以上増加させること。
※被用者保険の適用拡大の対象となる中小企業・小規模事業者等が制度改革に先立ち任意適用に取り組む場合は、年率平均1%以上増加させること。

(2)事業計画期間において、事業場内で最も低い賃金を地域別最低賃金+30円以上の水準にすること。

(3)事業計画期間において、事業者全体の付加価値額を年率平均3%増加させること。

■ 加点要件
審査において次のような加点、減点項目があります。
(1)成長性加点
有効な期間の経営革新計画の承認を取得した企業

(2)政策加点
小規模事業者、または創業・第二創業後5年以内の企業

(3)災害加点
昨年の激甚災害(台風15、19、20、21号)指定地域の被災事業者、または有効な期間の事業継続力強化計画の認定を取得した企業

(4)賃上げ加点等
事業計画期間において、給与支給総額を年率平均2%または3%以上増加させる計画を有し、従業員に表明している企業、並びに、事業場内で最も低い賃金を地域別最低賃金+60円または+90円以上の水準にする計画を有し、従業員に表明している企業、または被用者保険の適用拡大の対象となる中小企業・小規模事業者等が制度改革に先立ち任意適用に取り組む場合

(5)減点要件
申請時点において、過去3年間に、類似の補助金の交付を受けた事業者は、審査上の減点措置が講じられます。

■補助内容
1.一般型
新製品・新サービス開発・生産プロセスの改善に必要な設備投資および試作開発を支援するものです。
◇補助上限額:1,000万円
◇補助率:1/2(小規模事業者は2/3)

2.グローバル型
海外事業(海外拠点での活動を含む)の拡大・強化等を目的とした設備投資等を支援するものです。
◇補助上限額:3,000万円
◇補助率:1/2(小規模事業者は2/3)

詳細は予算成立後の発表となりますが、補助金の活用をお考えの方はご準備ください。

 

今西章(社労士 銀行融資プランナー協会 財務アドバイザー)


本メルマガへのご意見・ご感想・ご質問など、お問合せはこちらまで>>

このページの先頭へ