▶vol.393【経営コラム】ビジネスモデル俯瞰図の検証!(その8)

2019年11月25日

(毎週月曜日配信)経営編
GPC-Tax本部会長・銀行融資プランナー協会
代表理事 田中英司


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 …飲食業・料理人の新たな生き方!(その2)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

前回号の続きです。

〔※ビジネスモデル俯瞰図とは、ビジネス
全体の構造や流れを把握し、事業の構造や
事業の特徴、損益構造などをわかりやすく
整理した図表のことを指します。〕

事業全体の活性化や事業立地の付加・転換など、事業自体をその本質から見直そうとするときは、ビジネスの全体像を現したビジネスモデル俯瞰図を作ってみるとわかりやすいです。
ビジネスモデル俯瞰図を使って、事業の活性化を図りたいときの着眼点を整理いたします。

■着眼点12:出張料理サービスができるシェフのプラットフォームPRIME CHEF(プライムシェフ)様を紹介します。
〔以下は、PRIME CHEF様のホームページ(令和元年11月6日)から引用させていただきました。〕
https://www.primechef.cooking/

●PRIME CHEFは、シェフの出張料理サービスを提供するプラットフォーマーです。自宅やオフィスなど指定場所にシェフがやってきて、買出しから料理提供、お皿洗い等の後片付けまで
全て行います。目の前で調理をするのはもちろん、好き嫌いやアレルギーにも対応しメニュー変更も可能です。離乳食対応が可能なシェフも多数在籍しております。
人数や金額感を1分で設定するだけで、最大3人のシェフからあなたにぴったりのコースの提案があります。検索不要で悩まずカンタンにご希望のシェフが見つかります。

◎シェフと顧客のマッチングサービスです。得意分野、得意な予算帯・人数をシェフが登録し、顧客はシェフや料理メニューに関するニーズを登録するとマッチングできる仕組みです。家庭で、職場で、希望する料理をシェフに作ってもらえます。

■着眼点13:店を持たず、一人で、受注に応じて、得意料理を提供できる新しい飲食業の事例を紹介します。
〔以下は、PRIME CHEF様のホームページ(令和元年11月6日)から引用させていただきました。〕
https://www.primechef.cooking/

●出店場所を探して、お店を作って、ある程度幅広くメニューを開発して、スタッフを雇用して…飲食業を開業するためには多くのコストとリスクが伴います。一方、PRIME CHEFに登録するシェフは、顧客の自宅(職場)で、提案する料理を、食材を持ち込んで、先方のキッチンと食器を使って調理して提供します。提供する料理はシェフの得意料理のみです。

◎おいしい料理を提供したいからお店を出店する…そのためには物件を確保して、品ぞろえを広げ、スタッフを雇用して、できるだけ長時間営業して…別の選択肢が提供されています。
自慢のコース料理で、小資本(投資なし)で、自分だけで、依頼された時間帯と場所でのみ、ガイヤの夜明け(2019年10月29日放映済み)では、有名料亭からスピンオフしたシェフが紹介されていました。
https://www.tv-tokyo.co.jp/gaia/backnumber4/preview_20191029.html

◆出張料理サービスができるシェフのプラットフォームPRIME CHEF(プライムシェフ)様は、新しいルールの創造者です。
料理人には新しい生き方を、お客様には新しい料理サービス(出張料理サービス)の形を提供しています。大きく飛躍されることでしょう。

◆『おいしい料理を提供したいからお店を出店する…そのためには物件を確保して、品ぞろえを広げ、スタッフを雇用して、できるだけ長時間営業して…』この様などこにでもあるビジネスモデルの呪縛にとらわれないようにしましょう。やり方は色々あるはずです。

 

田中英司 (GPC-Tax本部会長・ 一般社団法人銀行融資プランナー協会代表理事)


本メルマガへのご意見・ご感想・ご質問など、お問合せはこちらまで>>

 

このページの先頭へ