▶vol.350【実践コラム】急成長と倒産リスクの関係

2019年05月30日

(毎週木曜日配信)財務編
銀行融資プランナー協会 財務アドバイザー
尾川充広


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 …まずは会社を倒産させないことが重要です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ある関与先様の事例ですが、銀行に融資
を申し込んだところ、売上が急激に伸び
ていることを懸念され、融資を断られそ
うになりました。通常、売上が伸びるこ
とは良いことですので、意外に思われる
かもしれませんが、金融機関は急成長企業を敬遠することもしばしばあります。

「急成長企業が突然倒産した。」といったニュースを耳にされたことがあるかもしれませんが、急激な売上の増加は、場合によっては倒産確率も高めます。倒産確率が高まる要因は、急な成長に、「人がついていけない。」「商品サービスのクオリティが維持できない。」など様々ありますが、結果として、資金が回らなくなることが直接的な要因です。

■ 急成長企業が陥りやすいパターン
1.売上を伸ばすためには、設備投資、仕入や人員の増加等が必須です。急成長を目論む企業は、銀行から最大限の資金調達を行って、他の企業よりも多くの資金を事業に投資します。
2.投資に比例して売上や利益が伸びると、銀行がさらに融資をしてきます。その融資金を事業に投資して、さらに売上と利益を伸ばします。売上や利益が伸びると、銀行がさらに融資をしてきます・・・繰り返します。
3.やがて投資をしても売上や利益に反映されない踊り場が訪れます。しかし、銀行から融資を止められないようにするため、踊り場でも無理をします。無理な経営が何らかのトラブルを招き、利益が大きく損なわれます。
4.赤字に転落することで融資が止まり、たちまち資金が回らなくなってしまいます。

弊所は、「資金は借りられる時に借りられるだけ借りましょう。」というメッセージを平素から発信していますが、その目的は、いざという時のために手元資金にゆとりを持ちましょうということであり、限界まで事業に投資をすることを推奨している訳ではありません。手元資金をしっかりと確保して倒産リスクを回避しながら、自社に合った無理のないスピードで成長を目指すことを指針としています。

早く会社を大きくしたいという思いは経営者として当然のことと思いますが、踊り場に来たと感じたら、一休みしてはいかがでしょうか。一旦成長を止めることで、増加運転資金が不要になりキャッシュフローが改善されます。踊り場で少し体力をつけてから再度成長を目指すのが、無理のない財務戦略だと考えます。

冒頭の関与先様ですが、創業から現在までの4年間の資金繰り実績表を銀行に提示し、やみくもに成長を目指してきた訳ではなく、安全性を確保できる範囲で資金を事業に投資してきたことを理解してもらいました。結果、無事に満額の融資を受けることができています。

 

尾川充広(銀行融資プランナー協会 財務アドバイザー)


本メルマガへのご意見・ご感想・ご質問など、お問合せはこちらまで>>

このページの先頭へ