▶vol.299【実践コラム】ファイナンスは重要な経営技術のひとつです。

2018年06月07日

(毎週木曜日配信)財務編
銀行融資プランナー協会 財務アドバイザー
尾川充広


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 …成長志向の強い経営者様!
  攻めのファイナンスで資本効率を高めましょう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

社長様によって経営のスタンスはそれぞれです。
家族を養える範囲で・・・
従業員を養える範囲で・・・
100年続く企業を目指して・・・
上場企業を目指して・・・
日本を代表するグローバルな企業を目指して・・・
どのスタンスで経営するかは社長様の自由であり、全てが正解です。ただ、規模の拡大を追求するのであれば、ファイナンス(資金調達)を上手に活用できるかどうかで成長のスピードが大きく変わります。

単純な話ですが、自己資金を300万円持っていたとして、商品を300万円分仕入れて売るよりも、さらに300万円を借りてきて、600万円分の商品を仕入れて売った方が、より大きな売上を創出することができます。社長様が600万円分の商品を販売する事業力を有しているのであれば、迷わずファイナンスを活用すべきです。

売上だけではありません。専門的には財務レバレッジと呼びますが、自己資本だけで経営を行うより、他人資本を取り入れた方が、自己資本の効率が高まるという事実があります。もちろん、利益がマイナスに振れた時には、自己資本だけで経営を行うよりも資本効率が大きく低下するというデメリットもありますが、社長様が利益を出す事業力を有しているならば、迷わずファイナンスを活用すべきです。

世間的に見ても、1代で大きな企業を作った社長様は、ファイナンスを巧みに活用して積極的な拡大戦略をとっています。決して大企業だけの話ではなく、数億円規模の中小企業でも、資本主義社会においては、資金力が大きい方が有利であることは明白です。ファイナンスが重要な経営技術のひとつとされる理由はそこにあります。

事業力があり利益を出す力のある社長様はもちろんですが、好景気の時など、利益が出やすい環境が整ったときには、ファイナンスの恩恵にあずかれるチャンスです。景気の流れを見極めてファイナンスを上手に活用しましょう。

ただ、ファイナンスは経営技術であると述べたとおり、誰にでも簡単に扱えるものではありません。思ったように調達出来ないこともあるでしょうし、使い方を間違えば大きなダメージを受けることになります。ご相談ください。

 

尾川充広(銀行融資プランナー協会 財務アドバイザー)


本メルマガへのご意見・ご感想・ご質問など、お問合せはこちらまで>>

このページの先頭へ