▶vol.277【実践コラム】中小企業の財務強化方法(その1)

2018年01月04日

(毎週木曜日配信)財務編
銀行融資プランナー協会 財務アドバイザー
尾川充広


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 …試算表を毎月作成し、
  どんぶり勘定から脱却しましょう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

殆どの中小企業が財務管理に改善の余地
があると感じます。財務管理が弱いと、
自社の財務状況を金融機関に正確かつタ
イムリーに伝えられないため、本来融資
を受けられる業績であっても、融資を断られる場合があります。融資をスムーズに受けられなければ、成長の機会を逃したり、資金が詰まるという危機に瀕したりしますので、財務管理は強い方が安心です。

財務管理強化の第一歩はどんぶり勘定から脱却することです。通帳の残高を見ながら感覚的に経営するのではなく、財務数値に基づいて経営判断を下した方が、より正確な経営判断を下すことができます。正確な財務数値を把握するために、まずは月次試算表の作成から始めましょう。試算表を見れば、キャッシュの動きだけでは分からない「利益」と「資産・負債」の状況が分かります。

どんぶり勘定が引き起こす代表的な事例は以下となります。

■ 実は赤字だが資金繰りが回っているため気づかない。
本当は赤字に気づいているのかもしれませんが、赤字を直視しないことによって対策が遅れます。赤字を改善する努力よりも、借入で資金繰りをごまかすことを優先し続けると、必ず最後に資金が行き詰ります。

■ 無駄な資金繰りに時間を費やしている。
取引条件によっては黒字でも資金繰りが苦しくなります。黒字ですので融資を容易に受けることができ、資金繰りの苦労からも簡単に解放されますが、それに気づかず資金繰りに多大な労力をかけています。

■ 融資を受けられるタイミングを逃している。
本当によくあるケースですが、6か月前なら融資を受けられたというケースです。融資はいつでも受けられる訳でありませんので、財務状況をタイムリーに管理し、一番借りやすい時に借りておくのが鉄則です。資金が必要なのに融資を断られて困っている企業様の半数は、過去に資金調達のタイミングを逃して
います。

他にもたくさん事例はございますが、お伝えしたいのは、「試算表」を毎月作成することの重要性です。試算表は、あらゆる財務的な判断を下す根拠となるものですので、財務管理を強化するための第一歩として、試算表を毎月作成することからスタートしてください。

 

尾川充広(銀行融資プランナー協会 財務アドバイザー)


本メルマガへのご意見・ご感想・ご質問など、お問合せはこちらまで>>

このページの先頭へ