▶vol.277【お役立ち情報】補助金・助成金の活用について

2018年01月04日

(毎週木曜日配信)財務編
銀行融資プランナー協会 財務アドバイザー
社会保険労務士 今西章


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 …補助金・助成金を自社の営業に
  活用するケースが増えています。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

補助金・助成金の活用といえば、新たな
事業分野への進出や生産性向上のための
設備の更新、人事関連制度の導入、社員
教育の実施等の際に事業主が直接的に活
用して費用の一部について補助を受ける
のが一般的です。

一方で、最近は自社の製品やサービスの販売、営業のツールとして補助金・助成金を活用しているケースも多く見受けられるようになりました。

例えば、

■産業用機械メーカーのケース
自社の機械設備を導入したユーザー企業の一つがものづくり補助金の採択を受けたという実績をもって、ものづくり補助金のサポートと併せて設備導入の営業を進めています。

■人材育成、社員教育システム提供会社のケース
自社の教育システムの導入を営業する際に人材開発支援助成金(特定・一般訓練コース)やキャリアアップ助成金(人材育成コース)の活用を提案しています。
教育システムの一つでも助成金受給の実績ができれば、あとはその教育システムを導入する事業主の要件さえ揃えば同じパターンで助成金を組み入れた営業を展開することができます。

■その他
ものづくり補助金や小規模事業者持続化補助金の採択を受けた企業に対して、WEBシステム開発会社がホームページ作成の営業をかけたり、チラシ広告やパンフレット作成の営業を展開する印刷会社等もあります。

ものづくり補助金等は、採択を受けることができた後に、もう一度、必要となる経費を精査して交付申請を行い、その申請が認められ交付金額が決定してはじめて、補助事業を始めることができます。この、補助金の採択から交付申請までの期間を利用して、ホームページの作成やチラシ広告等の販売促進費等へ
の組み入れを営業するわけです。

補助金・助成金を自社の様々な取組みにかかる費用の一部の補助として直接的に活用するだけでなく、自社製品やサービスの営業展開に活用することも検討されてはいかがでしょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

今西章(社労士 銀行融資プランナー協会 財務アドバイザー)


本メルマガへのご意見・ご感想・ご質問など、お問合せはこちらまで>>

このページの先頭へ