▶vol.260【お役立ち情報】労働移動支援助成金(中途採用拡大コース)について

2017年09月07日

(毎週木曜日配信)財務編
銀行融資プランナー協会 財務アドバイザー
社会保険労務士 今西章


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 …中途採用を予定されている
  場合はご検討ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「労働移動支援助成金(中途採用拡大コース)」
は、中途採用者の労働時間・休日、雇用契約期間、
評価・処遇制度、福利厚生などの雇用管理制度を
整備したうえで、中途採用者の割合の拡大や中高
年齢者を初めて採用することを通じて、生産性の
向上を図る事業主を支援する助成金です。

概要をみておきましょう。

■対象労働者
次の(1)から(3)のいずれにも該当する方が対象です。
(1)申請事業主に、中途採用により雇い入れられた方。
(2)雇用保険の一般被保険者または高年齢被保険者として雇い入れられた方。
(3)期間の定めのない労働者(パートタイム労働者を除く)として雇い入れられた方。

■対象となる措置
次の1から3のすべての措置をとることが要件となります。

1.次の(1)、(2)にかかる中途採用計画を作成し、計画開始日の前日までに管轄の労働局に届け出ること。
(1)中途採用者の雇用管理制度(募集・採用を除く、労働時間・休日、雇用契約期間、評価・処遇制度、福利厚生など)の整備。
(2)中途採用計画の拡大に取り組む期間(中途採用計画期間)内の中途採用の拡大。
※計画期間は、中途採用率の向上を図る場合は1年間、45歳以上の方の初採用に取り組む場合は1年以下で申請事業主が定める期間となります。

2.中途採用計画期間に、次の(1)または(2)の中途採用の拡大を図ること。
(1)中途採用計画期間より前の中途採用率が50%未満の事業所が、中途採用計画期間内に中途採用率を20ポイント以上向上させること。
(2)中途採用計画期間より前に45歳以上の方を中途採用したことがない事業所が、中途採用計画期間内に45歳以上の方を初めて中途採用すること。

3.生産性を向上させること。
支給申請を行う直近年度の「生産性」が、その3年度前と比較して6%以上伸びていること。
※「生産性」については以下のホームページからご確認ください。
http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11600000-Shokugyouanteikyoku/0000159251.pdf

■支給額
○中途採用率を向上させた場合:1事業所あたり50万円
○45歳以上の方を初採用した場合:1事業所あたり60万円

詳しくは、以下の厚生労働省ホームページからご確認ください。
http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11600000-Shokugyouanteikyoku/29060501.pdf

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

今西章(社労士 銀行融資プランナー協会 財務アドバイザー)


本メルマガへのご意見・ご感想・ご質問など、お問合せはこちらまで>>

このページの先頭へ